れんこんの食感を楽しもう

れんこん団子のきのこあんかけ

野菜たっぷり

低エネルギー

れんこん団子のきのこあんかけ

れんこん団子の食感がよく、あっさりしていて食べやすい料理です。低エネルギーでも見た目のボリュームや味つけで、満足感がある料理に仕上げました。
by 松永 早苗(11期生)

食事バランスガイド

食事バランス

エネルギー235 kcal
たんぱく質14.8 g
脂質12.7 g
カルシウム34 mg
1.1 mg
食塩相当量1.0 g

(1人分)

材料(1人分)

れんこん 50 g
しめじ 25 g
にんじん 15 g
さやいんげん 10 g
ひじき(乾) 0.5 g
鶏ひき肉 70 g
0.1 g
しょうが 1 g
4 g(小さじ1)
だし汁 100 ml
うすくちしょうゆ 4 g
みりん 3 g(小さじ1/2)
片栗粉 3 g

作り方  40分

  1. (1)れんこんは皮をむき、半分はすりおろし、半分は細かく刻む。すりおろしたれんこんは水気を切っておく。
  2. (2)しめじは石づきを落としてほぐし、にんじんは3cmの細切りにしておく。さやいんげんはさっとゆで、斜め切りにしておく。ひじきは水で戻しておく。
  3. (3)ボウルに鶏ひき肉と塩を入れて混ぜる。さらに(1)のれんこん、おろししょうが、ひじきを入れて混ぜ、小判状にまとめる。
  4. (4)フライパンに油を熱し、(3)を焼く。
  5. (5)鍋にだし汁をあたためて、しめじ、にんじんを入れ、しょうゆとみりんを加える。最後にさやいんげんを加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  6. (6)皿に(4)を盛り付け、上から(5)をかける。

ここがおすすめ!from Labo.

・野菜はシャキシャキと歯ごたえがあり、満足感たっぷりです。

・しょうがの風味が効いて美味しかったです。

こがおすすめ!from Labo.

レシピから知る・学ぶ

【れんこんについて】

れんこんは「蓮根」と書きますが、ハスの花の地下茎をさします。穴があいているので、「先が見える」という縁起物として用いることもあります。ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富に含まれています。切ると糸を引くような粘りけがあり、それはムチンによるものです。れんこんに酢を加えて処理するとムチンが分解され歯切れが良くなります。

 前のレシピ 一覧に戻る次のレシピ