ソースの酸味がアクセント

カレイのムニエル、ラビゴットソースがけ

減塩

カレイのムニエル、ラビゴットソースがけ

減塩にしてももおいしく食べられるように、うまみ成分のあるトマトを使用しました。また、酢の酸味、たまねぎの辛味で味に変化をつけました。
by 北村 神奈(14期生)

食事バランスガイド

食事バランス

エネルギー149 kcal
たんぱく質14.5 g
脂質7.2 g
カルシウム40 mg
0.3 mg
食塩相当量0.7 g

(1人分)

材料(1人分)

かれい(切り身) 70 g
薄力粉 3 g(小さじ1)
トマト 15 g
パプリカ(赤) 10 g
たまねぎ 15 g
きゅうり 10 g
2 g(小さじ1/2)
A:酢 5 g(小さじ1)
A:粒マスタード 1 g
A:塩 0.5 g
オリーブ油 4 g(小さじ1)

作り方  30分

  1. (1)トマトは熱湯で湯むきをし、パプリカは皮を焼いて皮をむいておく。トマト、パプリカ、たまねぎ、きゅうりを3mmほどのみじん切りにする。
  2. (2)Aの調味料をボウルに入れて混ぜ合わせたあと、オリーブ油を加えてさらに混ぜる。ここに(1)の野菜を漬けこんでおく。
  3. (3)かれいはキッチンペーパーで余分な水気を取り、薄力粉をまぶす。
  4. (4)フライパンに油を熱し、かれいの両面をこんがりと焼く。
  5. (5)皿に盛り付け、(2)のソースをかける。

ここがおすすめ!from Labo.

・ソースに酸味があり、マスタードが効いていて美味しいです。

・色鮮やかなソースで、見ためがとてもきれいです。

こがおすすめ!from Labo.

レシピから知る・学ぶ

【ラビゴットソースについて】

西洋料理のソースのなかのドレッシングの一種です。酢と油を主体とするビネグレットソース(フレンチドレッシング)に、みじん切りにしたたまねぎ、パセリ、ピーマン、トマト、ピクルスにした香辛料のケーパーなどを加えたソースをさします。魚料理やサラダなどに利用されます。

 前のレシピ 一覧に戻る次のレシピ